とちの木ホームではお客様に安心の家づくりを提供し、
満足して暮らし続けていただけるように、
保証・アフターメンテナンスを充実させております。

第三者機関による検査・保証制度

とちの木ホームでは、第3者機関と連携し、安心の家づくりに取り組んでいます。

住宅完成保証制度

マイホーム完成前に、万一建築会社が倒産してしまったら・・・。
住宅建築中に建築会社が倒産すると、債権者の話し合いが決着するまで長期に渡って工事の再開が困難になってしまいます。また、着工金も戻ってこないか、戻ってきてもごくわずかということもあります。そんな心配に備えた保証が住宅完成保証制度です。

「住宅完成保証制度」は優れた技術と共に、経営状態など厳しい審査基準をクリアした登録事業者だけが利用できます。また、工事保険等への加入も義務化されていますのでさらに安心です。

つまり、住宅あんしん保証の住宅完成保証制度の登録事業者であるとちの木ホームは、良質な住宅をお届けできる高い技術を持った、健全経営の工務店なのです。

住宅瑕疵担保責任保険

せっかく建てた家なのに、あとになって雨漏りがしたり、柱が傾いたり、基礎にひびが入ったり・・・。 心配ではありませんか?

新築住宅を供給する事業者(工務店・住宅会社)は、住宅のなかでも特に重要な部分である【構造耐力上主要な部分】および【雨水の浸入を防止する部分】の瑕疵に対する10年間の瑕疵担保責任を負います。

*「瑕疵(かし)」とは、法的になんらかの欠陥・欠点のあることです。

とちの木ホームでは、その責任を確実に遂行するために第三者機関(国土交通省指定評価機関)と提携して住宅瑕疵担保責任保険に加入しています。お引き渡し後10年間に、品格法上の「瑕疵」が発生した場合は、その費用を第三者機関が保証します。(万が一、建築会社が倒産しても長期保証は継続されます)

またそのためには、完成した建物に対して第三者機関は厳しい品質チェックを行います。

瑕疵担保責任の履行の確保

建事業者が瑕疵担保責任を確実に履行するための資力確保措置の義務付け等を定めています。
資力の確保には【供託制度】と【保険制度】があり、安心の大きさはどちらも同じです。
住宅の建築や購入の際は資力確保措置の説明が義務付けられているので、契約前にはどちらの制度を利用しているのか知ることが出来ます。 ※保険加入の場合は紛争処理が利用可

とちの木ホームが提携している第三者機関(国土交通省指定評価機関)

ハウスプラス
ハウスプラス住宅保証株式会社
住宅あんしん保証
株式会社住宅あんしん保証

アフターフォロー

とちの木ホームでは、完成した住宅のお引き渡し後も定期的にハガキをお送りしております。(3か月、6か月、1年、2年、5年、10年)もちろん、お客様からのご相談に応じて、随時アフターフォローを実施させていただいております。

長く住み続ける家だからこそ、長いお付き合いを通じ、お客様の家守りとなってまいります。